リハビリテーション科とは

一口にリハビリテーション(リハビリ)と言いましても、医療、教育、社会と様々な分野があるわけですが、整形外科領域で行われるリハビリとは、医学的リハビリテーションの中の運動器リハビリテーションになります。

運動器リハビリテーションとは、運動器(骨、筋肉、関節、神経 など)で起きたケガ、病気、加齢(老化)、手術等によって発生した機能障害に関して、運動療法や物理療法といった理学療法をはじめ、作業療法や装具療法といったことを行うことで、障害を受けている部位の機能を回復、維持させようとすることを言います。
当院では、現在物理療法のみ行っております。

物理療法とは

運動療法を支えていく位置づけにあるリハビリテーションが物理療法です。これは運動器に物理的エネルギーの刺激を加えていき、それによる生体反応を利用していき、機能改善を図っていくというリハビリになります。なお物理療法には、電気、温熱、水流など様々な種類があります。

電気療法では、様々な周波数の電流を患部に当て、筋や神経を刺激し、筋肉をほぐしていくという治療法があります。また温熱療法の場合は、ホットパックを患部に当てて血流の改善を促すということができます。また牽引療法も物理療法なのですが、これは引く力を体のある部分に加えることで関節変形、拘縮などを改善させる効果があるとされています。ちなみに上記で挙げたのは、数あるうちの一部で、その他にも水圧マッサージによるウォーターベッドなど物理療法はたくさんあります。